モノの値段は、需要と供給に左右されるのが原則です。たとえば、人気のゲーム機などは品薄によって価格が上がることがあります。それに対して、あまり人気がなくて在庫が多いものは値下げされることが多いでしょう。


外貨の売買でも、同じようなことがいえます。 ドルに対する需要が多ければドルの価値は上がってドル高となり、供給(売り手)が多ければドルの価値は下がってドル安となります。為替の需給がどうなっているのかは、国際収支を見るとわかる場合があります。国際収支で基本となるのは貿易の関係です。日本の家電メーカーが製品をアメリカに輸出したら、稼いだドルを売って円を買うため、ドル安につながります。対して、石油会社は石油を輸入するときはドルで支払いますので、円を売ってドルを買うことになり、ドル高に向かいます。


この外貨の動きは「貿易収支」を見るとわかりやすいと思います。輸出が多くて自国の貿易が黒字であれば外貨売り・自国通貨買いの力が大きく、レートも上がります。輸入が輸出を上回っていて赤字であれば外貨買い・自国通貨売りの力が大きく、レートが下降しやすくなります。


貿易収支にサービス収支、所得収支、経常移転収支を加えたものを「経常収支」といいます。合計が黒字なら「他国への支払いより受け取りが大きかった」という意味です。日本の場合は輸出が多く、貿易はたいてい黒字になっています。
経常収支と同じくらい重要なものに「資本収支」があります。これは、簡単に言うと証券投資や直接投資などの収支です。