外貨を売買する外国為替市場は、それ自体が独立して存在している市場というわけではありません。株式市場や債券市場といった市場とは、相互に関連して動いています。市場同士には、どのような関係があるのでしょうか。


まずは、債券・短期金融市場の他市場への影響を見ていきます。利下げで長短金利が低下(債券価格は上昇)した場合の為替を説明します。日米の金利差が拡大すれば、日本の金融商品の魅力が相対的に減ります。円安傾向になり、株の配当利回りなど金融商品としての魅力が増した場合は景気にも良い影響を及ぼし、株が上がります。


次に、利上げで長短金利が上昇し、債券価格が低下したケースを見ていきます。日米の金利差が縮小すれば円への投資の魅力が増し、相場は円高へと向かうでしょう。反対に、金融商品としての魅力が下がったときは景気の回復が見込めないとして株安になります。


株式市場は他市場にどのような影響を与えるのでしょうか。企業業績の回復への期待などが高まると、株価が上昇します。そして、海外からの日本株投資が増加し、円高債券になります。これに対して、景気回復で金融引き締めが懸念された場合は、機関投資家が債券から株へ資産を動かす可能性があるため、債券が安くなる傾向にあります。また、業績不安で株価下がっているときは、外国人は日本の株を売るかもしれないという考えが広まり、金融不安によって円安債券となります。


このように、相互に関連する株と債券の動向はこまめにチェックしておくことが大切です