外貨の売買をする場合は、政府・中央銀行が望む相場がどれくらいかをを常に考えておく必要があります。このとき、最も重視するのは「介入」です。


日本の場合は介入がほとんど行われていないため、実際のFXの取引の最中に、介入に遭遇した経験を持つ方はあまりいないでしょう。しかし、介入が発生すると銀行など金融機関のディーリングルームは一大事です。ディーラーたちは対応に追われ、現場は修羅場のような状況に。介入が行われるのは、相場が不安定で乱高下したり、一方向に急速に動いたりしているとき、相場水準を意図的に変えようとするときなどです。


介入のタイミング、金額、方法などは財務省と日銀の実務者レベルの協議で決まっていると考えられます。介入があるときは、前振り的なものがあることが多いそうです。たとえば、政府・財務省要人などが「今のレートは望ましくない」と発言するなどです。これは「口先介入」と呼ばれ、牽制の意味があります。しかし、それでも相場の混乱が収まらない場合は、実際に介入が行われます。


たとえば、急激な円高・ドル安が起こったとします。この時、政府・日銀は東京市場で円売り・ドル買いをして介入します。これが「単独介入」です。しかし、この単独介入では情況が改善されないこともあり、他国の通貨当局に介入してもらう「委託介入」が行われることもあります。


もっとも効果のある介入が「協調介入」です。複数の通貨当局が協力してレートの調整を図るため、非常に効果が高いです。